自然塾「改心楼」日程

開塾期間について

開塾期間 2017年3月19日~8月5日
毎週土曜日9:30~10:30(長引いたら11:30なども有)

年間スケジュール(2017年版)

  • ※内容はあくまで目安です。当日の天候、土の状態、運営の都合など様々な理由で変更となることもあります。
3月 道具の使い方
動物との触れ合い
ブラシがけ
和棉のクラフト体験
石窯作り
お食事会

3月のテーマ「何事も基本が大事。」

道具や動物に実際に触れながら、自然体験の基本を学びます。
・自然塾「改心楼」のこと。
・自然体験学習の楽しさと危険回避について。

動物の体の仕組みや習性について学び、ブラシがけなどの実践を通じて動物と仲良くなる方法を学びます。

2016年の改心楼で育てた和棉を使用して、人間と棉花の関わりやありがたさについて学びます。
※四街道市「よつかいどう和棉ばたけ」協力

今年こそ石窯作りにチャレンジ。みんなが思うタカラモノを石窯に埋め込んで日本でここにしかない特別な石窯を作ってみよう!

今年も始まる改心楼。みんなと想いを一つに楽しいお食事会を行います。

4月 床作り
播種
苗植え
水やり

4月のテーマ「基礎、基本を実践してみよう。」

楽しい作物の収穫をするためには事前の準備が必要。土作りを通して準備することの大切さを学びます。

5月 水やり
除草
寝床作り
歴史探訪ツアー
ヒマワリ迷路を作ろう

5月のテーマ「地道な作業が大事。」

農業で大変なのは草取りなどの地道な管理。愛情を持って管理してあげないと作物は育ちません。地味で大変。だけど大切な管理作業を通じて農業の大変さを実感し学びます。ここで頑張れば収穫祭の喜びが倍増します。

動物の寝床作りは信頼の証。あたたかいフカフカベッド作りを通じて、動物たちとより一層仲良くなる方法、動物福祉の精神を学びます。

毎年恒例の歴史探訪ツアーでは、こころファーム自然塾「改心楼」が追い求め理想とする大原幽学先生の記念館を訪ねます。改心楼で汗を流す意味。これからの社会に必要とされる生き方とは。古きを温ねて新しきを知る、温故知新の精神を学びます。

今年の目玉はヒマワリ!みんなで協力してヒマワリ畑の迷路づくりにチャンレジ!もちろん最終的には種を採取してヒマワリ油を精製してみよう。

6月 収穫祭

6月のテーマ「頑張ったから楽しい!」

みんなで頑張って育てた作物をいよいよ収穫!収穫の体験をするだけでは味わえない実体験を通して、苦労の先にある農業の楽しさを学びます。

7月 収穫
除草
ヒマワリ迷路を楽しもう
ヒマワリ油を作ろう
後片付け

7月のテーマ「後片付けが肝心。」

みんなで作ったヒマワリ迷路、うまく出来ているかな?思いっきり楽しんじゃおう!

楽しい収穫が終わったからと言って、おしまいではありません。来年のための後処理を通じて農業の厳しさを学びます。

8月 雑務
修了式

8月のテーマ「基本から始まり基本で終わろう。」

雑務の中に知恵があります。動物の世話や牧柵のペンキ塗りなど雑務を通じて、今まで学んできた基礎を応用して実践しながら知恵を学びます。

改心楼で仲間と過ごした半年間は、かけがえのない思い出です。1年間頑張った「実体験」を自信にかえ、共に「こころ」の成長を実感しましょう。最後の授業では修了式を行い1年間の頑張りを一人一人表彰します。子どもたちの将来、きっと何かに役立つ時が来るはず。

12月 焼き芋パーティー みんなで作って貯蔵しておいたサツマイモを焼き芋にして食べよう!
  • ※内容はあくまで目安です。当日の天候、土の状態、運営の都合など様々な理由で変更となることもあります。

カレンダー

こころファーム大自然日記

こころファームの思い出を記録していく日記です。不定期更新中!ご意見、ご要望、お便りなどお気軽にお寄せください。

公式Facebookページ

生牧草Webサイト
こころファームのグループ会社、中央牧草センターは生牧草一筋40年。上野動物園の動物たちも毎日食べている無農薬有機質露地栽培の「生牧草」を全国へお届けしている会社です。

スタッフ募集
こころファームでは、ボランティアスタッフを大募集しております。「自然、農業、動物、子ども、青少年教育、地域社会貢献、四街道市、千葉県、日本」のワードのいくつかにピンと来た方はお気軽にご連絡ください。

千葉・草原のこころファーム
千葉県四街道市大日2206-1

アクセスマップはこちら

NPO法人千葉自然学校
千葉・草原のこころファームは、
NPO法人千葉自然学校の会員校です。