こころファーム大自然日記

2014年最終回(第19回)自然塾「改心楼」授業報告

2014年10月 2日 11:27

  • 拡大して見る
  • 拡大して見る
  • 拡大して見る
  • 拡大して見る
  • 拡大して見る
  • 拡大して見る

長らく更新できずにいましたが、ご報告いたします。

最終回の改心楼は、たくさんの思い出とともに終了しました。

今年も大きな怪我や事故なく終えることができたのは、

応援してくださる方々、そして関係者の方々のおかげです。

こころから感謝いたします。

まず最初は修了証書授与。一人ひとりに手渡しで行いましたが、

「修了証書!◯◯殿 あなたは2014年自然塾改心楼を・・・」

と読み上げていくと、なんとも得意げな表情を見せる子どもたち!

少し恥ずかしそうにしながらも、やっぱり嬉しそうな上級生!

皆勤賞を2年連続でゲットした頑張り屋さんもいました!えらいぞ!

拡大して見る

拡大して見る

拡大して見る

拡大して見る

拡大して見る

拡大して見る

最後の授業内容は、まず今年の思い出ムービーをみんなで鑑賞。(豪華な機材とかないのでノートパソコンで!)

上映中は懐かしい思い出に浸りながら楽しそうにする子どもたちの笑い声に包まれてました。

その後は、今年最後のお楽しみタイム!ホットケーキづくりだ!

材料の一部は、今年4月にみんなで作ったエサやり体験コーナーの売上を使いました。

(なんと1500円もたまりました。ご近所の方々、生徒の保護者の方も入れてくださいました。ありがとうございます。)

生地をプレートにのせて・・・じっと待って・・・ひっくり返す!おやつの時間は楽しい時間!

できあがったら、バターをぬって、あま~いシロップやチョコソースをつけて、みんなで楽しく和気あいあいと食べました。

特に低学年の子や、未就学児たちが普段よりもハイテンション(笑)

返事も、「ハイッ!」とか元気よく、いかにも子どもらしく可愛いかったなぁ・・・(笑)

ホットケーキは全てその場で焼くと時間がかかりすぎるので一部はあらかじめ焼いておきました。

女性スタッフ(私の妻と、事務員のスーパー主婦中野さん)が頑張りすぎて、

これでもかというほどの量のホットケーキが登場・・・!

授業中に「それ絵本の世界並みの量っしょ!(笑)」とこころの中で嬉しい意味で爆笑(笑)

夢いっぱい、お腹いっぱい食べて大満足の子どもたちでした。(中野さんナイスなホットケーキありがとう!)

今年の改心楼も、みんなよく頑張りました。保護者の皆さんもお疲れ様でした。

みんなの笑顔を今も鮮明に思い出します。来年の4月まで寂しくなりますが、みんな元気で!

空手をやっている子は稽古通いは続きますが、その他の子もいつでも気軽に遊びにきてね!

ここからは今年最後の授業報告ということで、調子に乗って蛇足になります。

私が先生役をするようになってから2年目、

理事長になってからは初めての先生役でしたが、

今年も多くのことをみなさんから学びました。

自分などよりずっと経験豊富な方々に囲まれて、

あくまで役は先生ですが、同時に生徒です。

なんとも情けないですが、それが今の現状、自分の等身大の力量です。

突然ですが私には、こころファームの活動という意味でもそうですが、

それ以前に、生きていく上での信念があります。

例えると大きな壁の話です。

人生において大きな壁に直面したとき、

その壁から逃げるのはとても簡単ですが、迂回したその先にも別の壁が必ず現れますね。

楽な方へ逃げ続けているとぐるぐるまわっていずれ八方ふさがりになります。

だから、大きな壁が来ても逃げずに乗り越える。乗り越えたらまた次の壁も乗り越えていく。

すると自然と自分の信じる道を真っ直ぐ進むようになり、真っ直ぐ育つことができるのだと思います。

日々の積み重ね、その時々どう判断し、どのように道を選ぶかで、

その人の人生、人格は決まっていくのだと思います。

自分の信念を語りだして、いったい何が言いたいのかというと、

子どもたちにとって、改心楼の授業の思い出が、何かのきっかけになってくれれば嬉しいのです。

「日本の将来のため」な~んて、だいそれたことを掲げて、なんかやっていたおっちゃんたちが

千葉県にいたなと。あの時、授業受けたなと。

成人し、社会にもまれた時、いつか思い出してくれたら良いと思います。

そして何か物事の判断に迷った時にこそ、

やれるか、やれないか、ではなく、

やるか、やらかないか、という行動力が大切だということ。

さらには最も重要な「何のためにやるのか」ということ。そういった物事の本質について、

改心楼で実体験した思い出、経験が、ぼんやりとでも気づく一助になれば嬉しいです。

もちろん、実際の授業では子どもたちにこんなに難しいことは言ってきていませんが、

こころファームが活動する行動原理は、間違いなく上記のとおりです。

こうやって書きながら全て、常に自分自身へ向けているものでもあります。

日本の将来にとってもたらす影響は、0.00000001%かもしれません。

しかし、そういう考えの人がさらにもっともっと多くなれば、

必ずや200年後の日本は安泰なはずです。先達がそうしてきたように。

こうした考えに賛同していただける方のご支援、合流、協同活動、大歓迎です。

今年はあと1回、芋掘り焼き芋実体験イベントを早ければ10月末に行いますので、

ぜひご参加いただければと思います。来年に向けて体験してみたいという方も大歓迎です。

ということで、長くなってしまいましたがひとまずいったんしめます。

今年もありがとうございました!!

この記事に対するコメント一覧(2)

こちらこそお世話になりましたー!写真の件、大変失礼しました。修正しましたのでご確認をお願いします。反映されない場合はもしかするとキャッシュが効いているかもしれないのでページの更新を何度かしてもらえればと思います。

千葉・草原のこころファーム さん(2014年10月17日 08:34)

お世話になりました。
お願いがあります。
うちの子の写真、名札が思いっきりついているので、加工するか削除お願いします。

団子三兄弟の母 さん(2014年10月16日 19:21)

ご意見などあればお気軽にお寄せください。
サイト上にメールアドレスは表示されません。
トラックバックURL

http://cocorofarm.co.jp/cms/mt-tb.cgi/314

この記事に対するトラックバック一覧(0)

この記事に対するトラックバックは0件です。

プロフィール

こころファームの思い出を記録していく日記です。2017年12月11日現在、377個の思い出が集まりました。

スタッフ募集
こころファームでは、ボランティアスタッフを大募集しております。「自然、農業、動物、子ども、青少年教育、地域社会貢献、四街道市、千葉県、日本」のワードのいくつかにピンと来た方はお気軽にご連絡ください。